料金と保証期間!ヒゲ脱毛 医療

料金と保証期間!ヒゲ脱毛 医療

先にエステ脱毛と医療レーザー脱毛の違い⇒ヒゲ脱毛の医療レーザーデメリット⇒ヒゲの医療レーザークリニックの選び方⇒ヒゲの医療レーザー脱毛の医師の選び方を確認下さい。都市別に医療ヒゲ脱毛クリニック料金・保証期間・施術実績・・・・

料金と保証期間!医療レーザー ヒゲ脱毛

2022/8/1修正して更新

 

ヒゲ脱毛は毛を毛根から取り除くことですが、エステとクリニックで処理する方法の二つがあります。

 

エステサロンの場合は光・針(ニードル)が主、クリニックは医療レーザーで処理します。

 

エステ脱毛と医療レーザー脱毛の違い

 

  医療レーザー エステ脱毛
通院回数 エステ脱毛の1/3  
永久脱毛の可否 可能 できない
施術資格 必要 必要なし
施術中の痛み パチっと弾かれるような痛み 低出力機器のため薄い
施術中のトラブル対応 できる できない
施術方法 医療レーザー 光・フラッシュ・針(ニードル)

 

レーザー脱毛はクリニックでしか行えない施術で永久脱毛可能、ただし痛みは強いです。

 

クリニック別に痛み対策として、表面麻酔クリームを塗る・冷却装置付きレーザー脱毛器を使用と痛みに対して工夫をしているところもあります。

 

ヒゲ脱毛の医療レーザーデメリット

 

 

もう一度生やす事はできない

 

医療レーザー脱毛は一度脱毛して生えてこなくなった毛は、もう生えてこないことです。

 

そのため、「仕上げたいイメージや残しておきたい部分など」は、カウンセリングや施術時に確実に伝えましょう。

 

硬毛化リスク

 

硬毛化とはレーザー脱毛の施術後、毛が太くなったり長くなったりすることです。

 

フェイスライン・顎は、硬毛化リスクがある部位になります。

 

毛嚢炎リスク

 

毛嚢炎とは、ニキビに似た症状で、脱毛で傷ついた毛穴にブドウ球菌などの細菌が感染することが原因です。

 

また、顔は皮脂線が多く、レーザー照射後からニキビができたり悪化することがあります。

 

このような場合には、施術している脱毛クリニックの医師の診察を受け、改善処置を行います。

 

保証があるクリニックは、無料で処置するところもあります。

 

ヒゲの医療レーザークリニックの選び方

 

 

ヒゲ脱毛クリニックによっては、「医師がカウンセリング」「看護師がカウンセリング」「スタッフがカウンセリング」の3パターンに分れます。

 

施術は、看護師か医療レーザー施術資格を持つスタッフが行います。

 

トラブル対応は常駐する医師が行うのが一般的です。

 

ヒゲの医療レーザー脱毛クリニックは、施術数が多ければトラブル対応が迅速に行われる傾向にあり、保証内容が充実していると失敗例が少ないのが現状です。

 

ヒゲの医療レーザー脱毛の医師の選び方

 

他の施術時(二重整形など)に推奨している、「日本美容外科学会専門医表」からは、医療レーザー脱毛の施術数が多い医師が、ほとんどいないため役に立ちません。

 

⇒日本美容外科学会専門医表

 

そのため、「ヒゲの医療レーザー脱毛の料金・保証内容・施術実績」から選び、カウンセリング時に「自身がイメージするヒゲ脱毛のデザイン」とマッチングするクリニックで施術を受けることがポイントになります。

 

都市別 ! ヒゲの医療レーザー脱毛⇒料金・保証内容・施術実績

 

札幌

 

青森

 

盛岡

 

仙台

 

福島

 

東京

 

横浜

 

大宮

 

千葉

 

高崎

 

宇都宮

 

新潟

 

長野

 

静岡

 

浜松

 

大阪

 

京都

 

奈良

 

神戸

 

名古屋

 

岡山

 

広島

 

高松

 

松山

 

福岡

 

長崎

 

熊本

 

鹿児島

 

那覇