埋没法と切開法!二重まぶた 整形 費用

評判口コミ集計!二重まぶた美容整形外科手術おすすめランキング

二重まぶたの整形費用は、プチ整形の「埋没法」とメスで切開する「切開法」で違います。「プチ整形埋没法」費用とメリット・デメリット⇒切開法費用とメリット・デメリット⇒二重まぶたクリニック選びのポイント⇒二重まぶた整形 費用と口コミランキング

埋没法と切開法!二重まぶた 整形 費用

2024/5/6修正して更新

本ページはプロモーションが含まれています

 



二重まぶたの整形費用は、プチ整形の「埋没法」とメスで切開する「切開法」で違います。

プチ整形「埋没法」費用とメリット・デメリット

 

埋没法は、医療用の糸をまぶたに留め、二重のラインを作る施術です。

 

メリットは、ダウンタイム・施術時間が短いこと。

 

デメリットは、簡単に元に戻せるため一重に戻ってしまうリスクがあり、人によっては年に数回施術を行わなければなりません。

 

また埋没法は、まぶたに通す糸の本数によって1点留め・2点留め(1点留め⇒1本・2点留め⇒2本)などがあります。

 

基本的に、多くの糸を使用した方が固定力は増し安定しますが、費用が高くなったり腫れ・内出血のリスクが高くなります。

 

 

 

少ない本数でも技術力でカバーできる場合もあり、本数を増やせば良いわけではありません。

 

つまり、埋没法の施術を受ける場合は、施術医のカウンセリング内容と保証の有無で判断すべきでしょう。

 

また、埋没法では切開法と比べると、加齢からくる二重の幅が狭くなったり、ラインがなくなったりすることが起きやすいリスクがあります。

 

費用相場は、美容クリニックによって差がありますが、5〜10万円程度が目安です。

 

メスで切開する「切開法」費用とメリット・デメリット

 

切開法は、まぶたが厚い人・まぶたの脂肪が多い人に、用いられる施術方法です。

 

埋没法と比較すると、一重に戻ってしまうリスクが少なく幅広い二重を作ることが、可能とされています

 

但し、費用相場が20〜30万円と高いデメリットがあります。

 

 

また、今の日本の技術では、傷跡を修復することはできても完全に残らない状態にすることはできません。

 

つまり、二重整形がバレやすい施術 と言えます。

 

二重まぶたクリニック選びのポイント

 

施術実績

 

クリニックの施術実績は、信頼のバロメーター。

 

より多くの人が来院をし施術を受けているのであれば、施術実績が少ないクリニックより安心だと言えます

 

口コミ体験談

 

施術を受けた人の声は貴重な情報です、口コミ評価が低いクリニックは、避けた方が良いと思われます。

 

口コミ評価が高いクリニックには必ず理由があり、特に埋没法の施術を受ける場合には、そのクリニックの口コミを隈なく読むと「一重に戻ってしまうリスク」が、どの程度なのか把握できる可能性があります。

 

但し、事実もある反面、匿名の体験談のため、誹謗中傷・恨みつらみ・他院の工作・嘘やデマもあるので、その点は注意ください。

 

特に、医師に対する口コミより医院の口コミは、この傾向が強いと思われます。

 

二重まぶた整形の口コミ一覧

 

明確な料金設定

 

信頼度が高いクリニックは、明朗会計をモットーにしています。

 

カウンセリングの時に、費用の説明がないクリニックは要注意です。

 

また「費用の説明がないクリニック」の例として、施術後に「オプション費用」などとして多額な請求を受けるケースが目立ちます。

 

良い美容外科の選び方

 

 

下記は「美容外科選びの基準」を示した内容です。

 

美容外科選びで一番大切なのは、実際にカウンセリングに行く・・つまり自分の足を使って判断し、実際に医師とのフィーリングを感じ取ることだそうです。

 

美容外科というのは、美を追求するだけに、ご自身の美観と施す側の美観が一致しないと〜いわば、成功といわれる施しに仕上げるのに欠く面が出て来てしまうのです。

 

例えば、人それぞれ、好きになる人の好みも違うように、自身がこんな感じに、、と訴えても、相手の医師の感覚が違えば、伝わり難く仕上がりに影響します。

 

カウンセリングは無料ですから、自分自身で絞り込んだ中から2〜3軒巡り、実際に施術する医師に施術方法を聞いた上、希望を話しフィーリングが合うか体感してみて下さい。

 

また、動画(約7分)があります・・・・・

 

【正しい美容クリニックの見分け方】

 

 

具体的には、信頼できる医師を2〜3人選びカウンセリングを受け、「フィーリングが合う」と感じる医師に施術をして頂くという流れです。

 

良い医師の選び方

 

日本の美容外科医の中には、日本美容外科学会専門医(JSAS・JSAPS) の資格を持つ名医と呼ばれる医師がいます。

 

2つの専門医の違いは・・・・

 

JSAS

 

Japan Society of Aesthetic Surgeryの略で「JSAS」、十仁系(一般開業医系)を中心に内科や麻酔科等・形成外科以外の領域から参入した美容外科医。

 

チェーン展開している大手美容クリニックに在籍しているケースが多いためか、美容の症例数は格段に多く、JSPASほど厳しくないですが確かな腕を持つドクターがいることは事実です。

 

2024/5/6時点:JSAS会員名簿

 

下記の日本美容外科学会専門医(JSAS・JSAPS)表から、口コミ検索すると症例数の違いが確認できます。

 

JSAPS

 

Japan Society of Aesthetic Plastic Surgeryの略で「JSAPS」、形成外科系の大学病院や関連施設からの美容外科医の会員が多くいます。

 

ハードルが高いのはJSAPS。

 

JSPAS認定医師は、日本形成外科学会が認める医療研修施設にて5年間、形成外科研修を受け所定の専門医試験に合格した医師に、形成外科の専門医認定証を発行しています。

 

2024/5/6時点:⇒JSAPS会員名簿

 

この専門医(JSAS・JSAPS)の中から選ぶと、より安心な美容外科医を選ぶことができるため、表を作成しています。

 

使い方は・・・・・

日本美容外科学会専門医表の使い方

下記の日本美容外科学会専門医(JSAS・JSAPS)表の医師名から、「美容医療の口コミ広場」の医師別の口コミが確認できます。

 

●日本美容外科学会専門医表●

 

現在、「美容医療の口コミ広場」がホンネの口コミを確認するには、最適だと判断し掲載しています。

 

※TCB東京中央美容外科グループは所属クリニック(TCB東京中央美容外科HP⇒医師・症例写真⇒クリニック名⇒医師名の下の症例写真⇒インスタグラム)から確認できます。

 

※TAクリニックは所属クリニック(TAクリニックHP⇒アクセス⇒クリニック名⇒口コミ)から確認できます。

 

 

 

293人の医師を掲載しています、医師名(資格)・症例数が多い施術・所属クリニック。

 

医師名(資格)

 

●(資格)にはJSAS・JSAPSを記載、両方の資格を持っている場合は「JSAS・JSAPS」。

 

●医師名から口コミを確認できます。

 

●医師名にリンクがない場合は、口コミがありません。

 

●JSAS・JSAPSでも、美容診療を行っていない医師は掲載していません。

 

●個人の口コミがある医師と、以前の勤務先または現在勤務している医院の口コミがある医師があります。

 

●院長職の方も多いため、個人の口コミがない場合は「医院の口コミ+症例+ドクター回答」で判断下さい。

 

●新たにJSAS・JSAPSの医師が追加された場合のみ追記しています。

 

症例数が多い施術

 

●医師の症例数が多い施術(得意な施術)を記載しています。

 

●「公表なし」としている医師がいますが、院長職・個人開業医が多いため「所属クリニックの施術内容」から判断して下さい。

 

所属クリニック

 

●口コミがある医院と所属している医院に違いがある場合があるので、相談・カウンセリング予約する時は必ず所属クリニックを確認下さい。

 

●チェーン展開している大手美容クリニックで、カウンセリングを受けたい医師が見つかったら、所属クリニックのリンクから在籍しているクリニックを確認し、相談・カウンセリング予約をして下さい。

 

●カウンセリング予約の記入は、補足欄・相談内容欄・質問欄など「カウンセリングを受けたい医師名」を記入すると、受診日・受診時間は変更される可能性が高くなりますが、スムーズに受けたい医師のカウンセリングを受けることができるようです。

 

●日本美容外科学会専門医表●

 

個人開業している美容外科学会専門医は、チェーン展開している大手美容クリニックに在籍し、その後に開業している経歴を持っています。

 

チェーン展開している大手美容クリニックと比較すると、「費用が高い・保証がない」医院が多いのが現状です。

 

費用の目安となりますので、チェーン展開している大手美容クリニックの「埋没法⇒費用・保証・施術実績」を都道府県別に確認下さい。

 

二重まぶた整形クリニック埋没法⇒費用と保証期間

 

北海道・東北

 

札幌

 

青森

 

秋田

 

盛岡

 

仙台

 

郡山

 

福島

 

新潟

 

 

関東・甲信越

 

東京

 

埼玉

 

神奈川

 

千葉

 

宇都宮

 

茨城

 

高崎

 

山梨

 

長野

 

 

中部・北陸

 

名古屋

 

豊橋

 

静岡

 

浜松

 

熱海

 

三重

 

金沢

 

富山

 

 

関西

 

大阪

 

神戸

 

姫路

 

京都

 

奈良

 

 

中国・四国

 

広島

 

岡山

 

下関

 

松山

 

高松

 

 

九州・沖縄

 

福岡

 

佐賀

 

長崎

 

熊本

 

鹿児島

 

那覇