花粉症 オンライン診療 保険適用!値段・料金を比較

花粉症 オンライン診療 保険適用!値段・料金を比較

花粉症の処方薬を保険適用でオンライン診療するクリニックの処方薬+診察代+システム利用料+送料の値段を比較⇒花粉症はオンライン診療に向いている理由と処方される薬の種類と効果⇒花粉症でオンライン診療を利用するメリット・デメリット

花粉症 オンライン診療 保険適用!値段・料金を比較

2024/5/6修正して更新

 



本ページはプロモーションが含まれています

 

花粉症の処方薬を保険適用で、オンライン診療するクリニックは限られます。

 

このページでは、花粉症の処方薬を保険適用でオンライン診療するクリニック(東京オンラインクリニック・クリニックフォア)の処方薬(3割負担の値段)+診察代+システム利用料+送料の値段を比較しています。

 

その前に「花粉症はオンライン診療に向いている」理由と、処方される薬の種類と効果について・・・・

 

花粉症はオンライン診療に向いている理由

 

花粉症のような軽度の症状の場合、オンライン診療は適していることがあります。

 

症状が明らかである場合

 

花粉症は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの特徴的な症状があります。これらの症状は患者自身が認識しやすいため、対面での診察が必要ない場合があります。

 

病歴や症状の報告が主要な情報源である場合

 

花粉症は主に症状に基づいて診断されます。患者が自分の病歴や症状を詳細に報告できれば、医師はオンラインで効果的な相談を行うことができます。

 

薬物療法やアドバイスが中心の場合

 

花粉症の治療は、抗ヒスタミン薬やステロイドなどの薬物の処方が一般的です。

 

これらの薬物は症状の軽減に効果があり、特に症状が軽度であれば、対面診療よりもオンラインで処方箋を受け取ることが可能です。

 

ただし、症状が重症である場合や他の合併症がある場合は、対面診療が必要となることがあります。

 

また、初診や慢性的な症状の場合も、対面診療がより適切であることがあります。

 

オンライン診療の適否は、具体的な症状や患者の状態によって異なるため、具体的なケースにおいては医師との相談が必要です。

 

 

花粉症の処方される薬の種類と効果

 

花粉症で処方される薬は、点鼻薬・内服薬・点眼薬となり、効果は以下の通り・・・

 

内服薬

 

内服薬は主に9種類、飲み方・効き目などは違います。

 

また、病院の処方薬は市販薬と違い、ほとんど眠気が出ないのが特徴です。

 

薬剤名 用法 効果
アレグラ 1日2回 眠気なし・やや強い効果
クラリチン 1日1回 眠気ほとんどなし・やや強い効果
エバステル 1日1回 眠気ほとんどなし・強めの効果
ザイザル 1日1回 眠気ほとんどなし・かなり強め効果
アレロック 1日2回 眠気少しあり・かなり強め効果
ジルテック 1日1回 眠気少しあり・かなり強め効果
ビラノア 1日1回(空腹時) 眠気なし・強め効果
デザレックス 1日1回 眠気なし・かなり強め効果
ディレグラ 1日2回 眠気なし・特に鼻閉が強い時に有効

 

点鼻薬

 

主な点鼻薬は3種類、直接鼻の粘膜に作用し、鼻水・くしゃみなどの症状を緩和するため、眠気は起こらない特徴があります。

 

●アラミスト

 

●ナゾネックス

 

●インタール

 

点眼薬

 

抗アレルギー薬の点眼薬は、目のかゆみが強い場合に処方されます。

 

点眼薬の眠気の副作用は、ほぼないとされています。

 

●パタノール

 

●リボスチン

 

●リザベン

 

●フルメトロン・・他

 

※ステロイド点眼薬「フルメトロン」は、目のかゆみが強い場合に、短期間併用して処方されます。

 

花粉症でオンライン診療を利用するメリット・デメリット

 

市販薬には、第一世代抗ヒスタミン薬が多く含まれているため、眠気が強かったり口が渇いたりなどの副作用があるため、病院の処方薬が欲しいと思う人が数多くいます。

 

オンライン診療を利用するメリット

 

病院の処方薬は、花粉シーズンが終わるまで薬を服用し続ける必要があり何度も通院しなくてはいけません。オンライン診療を利用すれば通院する必要がないため、この問題は解決できます。

 

オンライン診療を利用するデメリット

 

主に、以下の3点がオンライン診療を利用するデメリットです。

 

●細かい症状の判断が難しい

 

●鼻腔内の観察や画像診断ができない

 

●瞼の症状が見えにくい

 

ビデオ通話での診察となるため、対面診療のように医療器具を使った鼻腔内の観察、カメラで患部をみて診断することはできません。

 

そのため、鼻やのどで炎症を起こしていても、進行状況を判断するのは難しくなります。

 

オンライン診療で花粉症を保険適用する東京オンラインクリニック・クリニックフォアの値段

 

薬の名前

東京オンラインクリニック
3割負担の値段(税込)

クリニックフォア
3割負担の値段(税込)

アレグラ・アレロック 60日分 540円(ジェネリック) 60日分 1,080円〜1,260円
ビラノアOD 60日分 1,080円 60日分 1,080円
キプレス 60日分 360円 60日分 1,800円
モメタゾン点鼻薬 1本 150円 1本 300円
点眼液 1本 520円 1本550〜785円
他の飲み薬 60日分4800〜1,520円 60日分900〜2,520円
診察代+システム利用料+送料(税込) 2,300円 2,200円
注意事項 生活保護・18才未満は利用できません 生活保護・18才未満は利用できません

 

東京オンラインクリニックはジェネリック薬が多く処方され、クリニックフォアと比較すると値段・料金が安いクリニックになります。

 

また、オンライン診療手数料(400円/回)+保険診療費+決済手数料(保険診療費+オンライン診療手数料×4.5%)の固定費の他に送料が発生しますが、下記から近くのオンライン花粉症外来が検索できます。

 

おうち病院 オンライン花粉症外来

 

下記からも検索できますが、病院によってオンライン診療手数料+決済手数料+送料は違うため、利用する場合は事前に確認してください。

 

病院なび オンライン花粉症外来